換えのボトルは貯水としても使える!

渇水時に利用することができる

ウォーターサーバーのボトルを、家に置いてくことで、渇水したときに利用することができます。現在は極端に暑くなる時期も多く、水が少なくなってしまうことも珍しくはありません。川やダムの水が少なくなると、家庭に供給される水の量も減少し食事の用意や飲料水の確保が難しくなってくるでしょう。ボトルを貯水しておけば、渇水したときの生活用水として利用しやすくなるのです。
ボトルを所持しておくことで、料理の時に使用することができますし、暑い時の飲用水に困る心配がなくなってきます。毎日のご飯をしっかりと摂りたい人や、子供や高齢者の健康を守りたいときに便利になるでしょう。前もって用意しておけば、安心して暮らしていくことができます。

災害があった時でも安心

地震などの災害が起こったときには、長い期間に渡って断水してしまいます。この間は充分な水の確保が難しくなってきますが、ボトルを用意しておけば、様々なところで利用することができるのです。
まず、食事や飲み水として利用することで体調管理を行える他、手を洗ったり歯を磨いたりするときに利用することができます。手や歯を洗うことで、体を衛生的に保ったり、肺炎などの体調不良を防止しやすくなるのです。
また、自宅で避難生活を送る際には、トイレの水を確保する必要がありますが、大容量のボトルを何本か家に置いておけば、トイレのタンクに水を入れることにより、トイレの汚物を流すことも可能になってきます。災害時に用意しておけば、心強くなるでしょう。

ウォーターサーバーを赤ちゃんのミルク作りに活用しましょう。ウォーターサーバーには水の他にお湯が出るものもあるので、それを利用するとコックをひねるだけでらくらくミルク作りをすることができます。